親鸞会っていうのは、いわゆる新興宗教の一つっていうんですかね。親鸞っていうのは浄土真宗の開祖なんですけど、その教えを思いっきり洗脳されているって感じです。きちんとしたお寺の人もいるんですが、一部で盛り上がっている活動みたいです。
特に大学とかでは非公認でありながらサークル活動をしているところもあります。結構急進的なところで、大学生をターゲットにしている感じです。サークルの活動っていうのは、親鸞の教行信証を中心として教えを学ぶということにはなっていますが、かなり過激な感じで、心酔してしまう大学生もいます。
私自身も最初の勧誘だけは受けたんですけど、簡単にいうと親鸞の教え以外に正しいものはないって感じでした。もちろん、本家本元の浄土真宗とは対立する存在でもあります。確かに今の世の中で、葬式や法事をするだけでお金がもらえるのってちょっとおかしな気持ちにもなります。でも、親鸞会も強気な姿勢をもった団体ですし、どっちがいいというのは人によりけりって感じではないかなって思います。

親鸞会っていうのは、仏教の教えを学びたいという人のために開かれている勉強会をする場所でもあります。しかし、実際浄土真宗とは別のグループであり、新興宗教の一つとして数えられています。
親鸞の教えを学ぶという点では同じなのですが、その解釈の違いが結構大きいです。親鸞会の教えの方が、現世利益が強いです。実際に人生の目的はあるという考え方なので、一生懸命がんばって生きるようにと説かれているそうです。
それ自体は何も悪くないですし、実際に参加している人はインテリが多い気がします。そもそも、浄土真宗の人々は勉強熱心な人が多いですが、親鸞会は大学でもサークル活動しているので、頭のいい人が参加しているケースが多いんです。だから、基本的にまじめな人がやっている印象です。
しかしながら、社会的に見ると批判的に捉えられています。というのも異端の宗教だと認識されていますし、参加者を強引に集めていたりと問題視されている部分もあり、考えさせられる団体であることは確かです。

Tag Cloud